オススメ育児グッズ

「ベビタブ」の口コミ。残留塩素0&ぬるいお湯でも湯冷めしない重炭酸入浴剤です。

投稿日:

あやか
こんにちは。
薬剤師で3児の母、あやかです。

赤ちゃんとのお風呂って、大人が入りたい温度よりもずっとぬるい温度で入らなければならなくて、ママやパパが「ちっとも、温まった気がしない…」と微妙な物足りなさを感じてしまいますよね。
また、赤ちゃんの敏感なお肌にとっては、水道水に含まれる残留塩素も刺激になってしまいます。

「赤ちゃんでも使える」という入浴剤も、今はいろいろ発売されていますが、今回ご紹介する「ベビタブ」は、赤ちゃんにとってはお肌に優しく、ママやパパにとっては温泉みたいにポカポカしっかり温まるという、家族みんなが嬉しい入浴剤。

誤飲の心配のないサイズのタブレットをポンと3つ浴槽に放り込むだけなのも、安心&お手軽で使いやすくて便利です。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

あやか
小さな赤ちゃんと一緒のお風呂が楽しくなると評判の「ベビタブ」を、詳しく口コミしていきます。

公式サイト赤ちゃんに優しい入浴剤「重炭酸湯ベビタブ」

「ベビタブ」の口コミ、使用感

ポンと3錠お風呂にいれるだけで、残留塩素を0にしてくれる上、ぬるめのお風呂でもポカポカにあたたまるので、赤ちゃんとお風呂でゆっくりお話タイムもできる「お風呂が大切な時間になる入浴剤」です。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

優しいデザインのパッケージです。
今回は45錠入りを購入しています。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

全成分はこちらの通り。
香料、着色料は不使用で、赤ちゃんも安心して入浴できる配合です。

残り湯でのお洗濯もOK
すすぎだけは、水道水を使ってくださいね。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

パッケージはジップ式のアルミ袋。
しっかり締めておけば、湿気てしまうこともありません。

赤ちゃんの手の届かない場所においておくのは当然なのですが、万が一赤ちゃんが袋を手にしてしまっても、指先がまだ充分に発達していない赤ちゃんにとっては開けにくいタイプなので、ちょっと安心かもしれません。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

中には大きめのタブレットがゴロゴロと入っています。
においはまったくありません。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

三歳児が手に持つとこれくらいのサイズ。
かなり大きいので、誤飲をして喉につまる心配はなさそうです。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

子どもでも簡単にポンと投入するだけ。
ちなみに我が家では、誰が入れるかでひとモメしました(笑)

ちょっと大きくなった子には、自分で入れさせてあげると、お風呂がもっと待ち遠しくなるかもしれませんね。

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

勢いよく泡が出てくるので、子どもたちのテンションもMAX。

完全に溶けてしまえば、泡はでなくなりますが、お湯の中に炭酸はしっかり溶けて残っていますので、大丈夫。

お湯はどんな感じ? においは?

「ベビタブ」を入れたお湯は、普通の水道水にくらべて、あきらかに湯ざわりが違います。
柔らかくなったというか、軽くなったというか……そんな感じで、子どもたちにも好評でした。

においはまったくなく、色もまったく変わらないので、言われなければ入浴剤が入っているとは気づかないくらいです。

生後一ヶ月の赤ちゃんでも、安心して入浴できるお湯でした。

本当にお肌にやさしいの?

湯ざわりが良くなって、さらっとした感触。

特にお肌の弱い子の場合は、「ベビタブ」を溶かしたお湯に浸かるだけでお肌の汚れが落ちるので、石けんでゴシゴシ擦る必要がなく、お肌への負担を最小限にしてあげることも可能です。

我が家の場合も、肌が弱い次男はお湯に浸かるだけにしてみましたが、湯上がりはきちんとさっぱりしていて、普通に入浴したのと変わりません。
かかりつけの皮膚科でも、「乾燥がひどいときは、石けんで洗うのはお尻と髪の毛だけにしてください」と言われていたので、こすらなくてもさっぱり入浴できるのはとてもありがたかったです。

お肌が弱い子は、ぜひこすらずに「ベビタブ」に浸かるだけの入浴をためしてみてください。

「ベビタブ」公式サイトで詳しく見る

「ベビタブ」の使い方

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

160Lのぬるめのお湯(36~40℃以下)に3錠を溶かしてご使用ください。
夏は36℃の体温程度でゆったりと、冬は40℃以下でのんびり15分以上の入浴をおすすめします。

洗髪や洗顔、シャワーでもお使いいただけます。

「ベビタブ」の特徴

赤ちゃんのお肌にやさしいのに、しっかりあたたまる入浴剤。

中性の炭酸泉

通常250ppmの炭酸ガス濃度で「炭酸泉」といわれるところを、「ベビタブ」の炭酸ガス濃度はなんと10000ppm以上。
おうちでも、温泉気分をしっかり味わえます。

実際の温泉では、酸性に偏っていたりアルカリ性に偏っていたりと、お肌には少し負担が強くて、湯上がりには真湯で流す必要がありますが、ベビタブは中性でお肌への負担がないため、湯上がりに洗い流す必要もありません。

ぬるい温度でもゆっくり浸かることで、血流がupして全身がポカポカになります。

シンプルで無添加の配合

無着色、無香料、パラベン不使用、アルコールフリー、界面活性剤不使用、日本製で安心のシンプル処方。

色も香りもなく、柔らかい赤ちゃんのお肌も、優しくあたためてくれます。

残留塩素を0に

塩素は、様々な菌から私達の体を守るためには必要なもの。
でも、お肌に良いものとは言えません。

ベビタブを投入することで、お風呂の中の残留塩素を中和し、ほとんど0にすることが可能。
赤ちゃんのお肌に与える刺激を最低限にすることができます。

石けん・シャンプーなしでもスッキリさっぱり

お風呂嫌いな赤ちゃんや、シャンプーが苦手な赤ちゃん、お肌が特に弱い赤ちゃんの場合は、ベビタブを入れたお風呂にちゃぽんと浸かるだけでもOK。

石けんやボディソープでは落としきれないミネラル皮脂汚れまでしっかり落として、湯上がりはすっきりさっぱりに。
やさしいお湯なので、頭からザブザブかぶっても大丈夫です。

「ベビタブ」の口コミまとめ

重炭酸入浴剤「ベビタブ」の口コミ

3錠をポンとお風呂にいれるだけで、簡単に炭酸泉をつくれる入浴剤。
赤ちゃんのお肌への優しさを追求して作られているので、中性で無香料無着色。

ママ&パパも重炭酸入浴効果で、ポカポカ温泉気分が味わえます。
普段はちっとも「お風呂に入った感」がなかった私も、「ベビタブ」を入れたお風呂に入った日は、しっかりポカポカになって、寝付きもよくなりました。

お値段は12錠で1,200円(税抜。一回300円で、追い焚きOK)
45錠では4,380円(税抜)、100錠では6,480円(税抜)とさらにお得にGETできます。

赤ちゃんとのお風呂時間を楽しむために、ぜひ使ってみてくださいね。

「ベビタブ」を公式サイトで購入する

-オススメ育児グッズ

Copyright© コレママ , 2018 All Rights Reserved.