オススメ育児本

「子どもが多いお家でも出来る スッキリ!整理術」でわかったこと

投稿日:

子どもがいると、とにかく部屋が片付かない。
やっと片付けた~と思ったら、後ろでおもちゃ箱をどちゃ~っとひっくり返しているなんて毎日のことです。
地獄の「賽の河原で小石を積む」という言葉がよぎります。

そんな毎日がストレス!……なので、少しでもすっきりしたお部屋に住みたい……と、最近片付け本を色々読みあさっています。
(読んでいるだけじゃ、片付かないよ~と、家族に突っ込まれつつ…)
今回は漫画でさくっと読める片付け本「子どもが多いお家でも出来る スッキリ!整理術」を読んでみました。

漫画で読める片付け本

ほぼ全編漫画(一部コラムあり)なので、忙しいママでもさくっと読めます。
絵柄も可愛くて、ほのぼの。
難しい本をじっくり読むのもいいけど、さらっと漫画で読んで実際に片付けをはじめてしまった方が、早く片付くハズ!

漫画を描いているゆずこさんは、中学二年生から2歳までの4人のお子さんがいる6人家族。
お家は3DK、55.2平米の賃貸マンション。
同じく賃貸マンション暮らしの私には、とっても親近感がわきました。

賃貸って、あまり収納もないし、壁に棚をつけるわけにもいかないし、いろいろ制限が多くて、片付け本を読んでいても参考にならないことがしばしばですよね。
(一度「押し入れをクローゼットにリフォームしましょう!」とか書かれていてのけぞった経験あり)

片付けの最初の一歩

「断捨離」とか「ときめき」とか色々片付け本を読んできましたが、とりあえず基本のキを理解できる、初心者向けの本です。
(片付けに初心者とかあるのかは不明ですが……)
これだけ読めば、ちゃんと片付けは出来るはず。……ハズ!

とにかく重要なのは
全部出す

取捨選択

場所を決めて収納する
の三段階です。

収納する際には、なるべく細かく分類(用途別に分類してあげるとやりやすい)すると、家族にもわかりやすいし、元に戻すときに楽になります。
収納場所にはラベリングもお忘れ無く。本にも書いてありますが、我が家もマスキングテープでラベリングしています。綺麗にはがせて、可愛くてナイス。

子どものものは、子どもに判断させる

我が家でもあるあるの光景なのですが、子どもの紙工作などをゴミ袋に入れていると「だめー!」と大騒ぎでゴミ袋をあさられます……。
が、やはり子どものものは、子ども自身に「いる/いらない」を判断させることが重要なんですよね。
確かに、子どもの意志を尊重することにもなって、自己肯定感うんちゃらにも効果がありそうです。

ゆずこさんのお宅では、5歳のお兄ちゃんが自分で必要なおもちゃ、もういらないおもちゃを分類できていました。
ちょうどうちも5歳。子どもに聞いてみたら、「これは壊さないで」「これは片付けてもいい」「これはもういらない」とちゃんと判断してくれました。
(まあ、「壊さないで」が大量なので、これはこれで途方に暮れておりますが……。本にあったとおり、「ここに入るだけね」という総量規制を今後やっていこうと思います)

違和感を育てる

色々本を読んでいましたが、この「子どもが多いお家でも出来る スッキリ!整理術」ではっとしたのが、「なんでこれがココに!?」の違和感を育てるということ。

確かに、洋服がリビングに置いてあったり、洗面所に外遊びグッズがおいてあったり……。
考えれば「ココにある意味がわからない」という違和感だらけ。
これに気づいて、きちんとした居場所に戻してあげることから、片付けが始まるんですね。

ちなみに、「面倒だからあとで片付けよう」と思っていると、さらに面倒なことになります、といわれて、ぐさっときました……。

細かく分類すれば家族も片付けられる

細かく分類して収納することで、小さな子どもでも出し入れが出来るようになります。
我が家の3歳児も、最近自分でスプーンやコップを出してくることが出来るようになりました。

本人も、自分で出し入れするのが楽しいみたいで、「しまってきて~」というと、嬉しそうにお片付けを手伝ってくれています。

もくじ

  • その1・そもそも整理とか片付けが苦手なんです
  • その2・家族みんなが使う台所、片付けてもすぐにまた散らかります
  • その3・増えていく子どものおもちゃ、捨てられない&片付かない~!!
  • その4・せまいうえに収納が少ないから”とりあえず”置いちゃいます
  • その5・学校からのプリント地獄に在宅ワーク。デスク周りがカオスです……
  • その6・無理して作った子ども部屋。あまり活用されていないような…?
  • その7・片づいているのになんとなく落ち着かない。……どうして??

まとめ

  • 全部出す→取捨選択→細かく分類して、あるべき場所に収納する
  • 子どもの物は、ある程度の年齢になったら子どもに判断させる
  • 家具と物の「なんでこれがココに!?」の違和感を育てる
  • 違和感に気がついたらそのつど片付ける

すっきり綺麗なお部屋で、ハッピーに暮らしましょう!
(……私も、がんばります……)

2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児本
-

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.