オススメ育児グッズ 高齢出産育児TIPS

乳腺炎の原因と対処方法、予防するための4つのポイント

投稿日:

母乳の出が良い人はもちろん、あまり出ないんだけど…というママにも突然やってくる「母乳つまり」。

気づかないうちに乳腺炎にまでなって、発熱してから気づくなんてことも。

原因を知って、しっかり予防しましょう。

母乳詰まりと乳腺炎

その言葉の通り、母乳が乳房の中で詰まってしまうことです。
これが酷くなって、炎症を起こすと「乳腺炎」となります。

乳腺炎って何?

「乳腺炎」には「急性うっ滞乳腺炎」と「急性化膿性乳腺炎」の2種類がありますが、「急性うっ滞乳腺炎」のほうが良く起こります。

「急性うっ滞乳腺炎」は母乳が詰まり、乳房の中に残った母乳のせいで炎症が起きてしまう状態のこと。詰まっていることが原因なので、詰まりを取り除いてあげれば、回復してきます。

「急性化膿性乳腺炎」は、乳首などにできた傷から最近が入り込んで感染してしまった状態。赤ちゃんが噛んでしまって乳首が切れたときなどに、まれに発生します。

このページでは「急性うっ滞乳腺炎」についてお話します。

急性うっ滞乳腺炎の症状

おっぱいがカチカチに張ります。熱を持って痛く、しこりになっている場所があることも。
おっぱいには青い静脈が浮かび上がって、石のように感じることも。

酷い場合には、全身の関節が痛み、高熱が出ます。
(インフルエンザのような痛みと熱なので、私が乳腺炎になって内科にかかったときは、インフルエンザの検査をされました。
乳腺炎だと確信がある場合は、産婦人科へかかってください)

急性うっ滞乳腺炎の原因

母乳が詰まってしまうことが原因です。

・赤ちゃんの飲み方が良くなくて、一部の母乳が残ってしまっているとき
・授乳間隔が開きすぎたとき
・ママが酷く疲れているとき

などなど、授乳のバランスが崩れたときによく起こります。

急性うっ滞乳腺炎の対処方法

あまりに酷くなった場合は産婦人科へ受診してください。
初期の症状であれば、ホームケアで対処できる場合もけっこうあります。

たまっている母乳を排出する

まずはとにかく赤ちゃんに飲んでもらうこと。

いつも横抱きなら、縦抱きにしたり、フットボール抱きにしたり。
仰向けに横になった赤ちゃんに覆い被さるようにして(牛さんのように)授乳するのもありです(くれぐれも体重はかけてはいけません。赤ちゃんのまえでおっぱいをぶらぶらさせる感じです)。
しこりがある場合には、しこりを圧迫しながら赤ちゃんに飲んで貰うと、うまく解消することがよくあります。

「いつもと違う抱き方」というのが重要です。普段のくわえ方で残してしまっている部分を飲んで貰うためです。

吸って貰った後も残っている気がする場合には、搾乳して出し切ってください。
しこりが触れる場合には、ここでも、しこりを圧迫しながら搾乳すると詰まりがとれることが多いです。

ゆるやかに冷やす

よく言われているのが「キャベツ湿布」です。
キャベツの葉っぱを一枚ぺりっとはがして、それを乳房に当てるだけ。

ほどよい冷たさで冷えるので、だいぶ楽になります。

保冷剤などで急激に冷やすよりは、ぬれタオルや上記のキャベツ湿布などでゆるやかに冷やしてください。

ダメなら病院へ

高熱が出ている場合や、固く腫れ上がって赤ちゃんも飲んでくれない場合など、「とてもホームケアでは治りそうにない」と思ったら、産院や助産院の母乳外来や、産婦人科に受診してください。

抗生剤を飲んで、乳房マッサージをしてもらうことで解消できますが、最悪の場合、切開して膿を取り出さなくてはなりません。
そうなると授乳も続けられなくなってしまいますので、なるべく早めに受診を。

母乳を詰まらせないために…

乳腺炎を予防するには、母乳を詰まらせないことが一番大事です。

授乳間隔に気をつける

授乳間隔が開きすぎないようにするのはもちろん、右ばかり連続で吸わせてしまった……なんてことがないように、バランス良く吸って貰いましょう。

ミルクを足しているママは、とくに気をつけてください。
母乳が残っているのにミルクを足していると、乳腺炎になりやすくなります。
すっきりするまで、しっかりと飲んでもらいましょう。

食事の内容に気をつける

油っぽいもの、高カロリーなもの(揚げ物、ケーキなど)をとると、人によっては詰まりやすくなることがあります。

完全に排除する必要まではありませんが、気をつけてとるようにしましょう。

ストレスをためない

ママがイライラしていると、なぜか母乳もつまりやすくなります。
リラックスリラックス。

しっかり水分をとること

暖かい水分をたっぷりとることも有効です。

milk_through_03
「母乳が詰まりやすいな……」と感じている方には、ハーブティーもおすすめです。
AMOMAミルクスルーブレンド」は、血液をサラサラにする作用のあるハーブをブレンドしたハーブティーで、母乳が詰まりやすい方にも最適です。
もちろん、授乳中でも飲める安心のオーガニック。

ハーブティーでママの気分もリラックスできるので、メンタルの面でも母乳詰まりを防いでくれる効果があります。

まとめ

・乳腺炎には二種類ある。母乳が詰まって起こるのは「急性うっ帯性乳腺炎」。
・一番の治療は赤ちゃんに吸って貰うこと
・あまりに酷い場合は、ムリせず病院へ
・詰まりかけたら赤ちゃんに吸って貰う&搾乳をして、早めに詰まりをとること
・予防法は、水分を沢山とり、ストレスをためずに、授乳間隔のバランスに気をつけるべし。



2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児グッズ, 高齢出産育児TIPS

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.