オススメ育児グッズ

迷子ヒモつきリュックの使い方と選び方、オススメ7選もご紹介。

更新日:

あんよが出来るようになると、どんどん歩いて行きたくなる赤ちゃん。
ちょっとしたすきにパッと走り出して「あぶない!」なんていうことが、起こらないとも限りません。

人混みの中で、一瞬目を離したら迷子……なんてことも。
そんな危険を未然に防ぎながら、赤ちゃんも「おやつ」や「おむつ」をしょってゴキゲンの、迷子ヒモつきリュックをご紹介します。

迷子ヒモつきリュックとは


赤ちゃんが背負えるサイズのリュックサックに、迷子ヒモがついているものです。
迷子ヒモは取り外しが出来るようになっているものが多く、不要になれば取り外して普通のリュックとしても使えます。

どんなときに使うの?用途は?

名前だけを見ると迷子を防止するためのように感じますが、実際には迷子というよりも小さい子どもの走り去り防止に役立つアイテムです。

あんよに自信の出てきた1~2歳の子どもは、ママがどんなに手をつないでいても、パッと手をふりほどいて走り出してしまうことがあります。
一瞬のことなので、大人の力で握っていても案外振り払われてしまうのが怖いところ。

そんなときの子どもは何か興味を引かれた一点しか見ていないので、あっという間に道路に飛び出してしまうことも……。

また、駐車場などでママが荷物を下ろしている隙に、パッと走り出してしまう可能性もないとは言えません。

そんなときに迷子ヒモをママが持っていれば、ヒモの長さ以上ママから離れていくことはありません。

周りの人から批判されない?

よくある迷子ヒモ批判は、「犬の散歩じゃないんだから」というもの。
迷子ヒモの先端だけを持って、子どもを犬のように自由に散歩させれば確かにそう見えます。

迷子ヒモの持ち手部分をママの手首に通して、さらに子どもと手をつなぐのがオススメのスタイル。
あくまでいざというときの命綱として使ってください。
これならどうみても批判されることはありません。
手をふりほどいて走り出しても、ママの手首には迷子ヒモが残っているので安全です。

ヒモを引っ張ると子どもが転ぶんじゃ…?

もちろん、急にヒモをひっぱると子どもが転倒する恐れがあるので、基本的にヒモをひっぱることはしないでください。
ただし、転ぶ以上に命の危険がある場合には、ヒモをひくことで防ぐことが出来る場合もあります。

ちなみに、ヒモを引いた場合に転倒するのは主に仰向けになります。
単体の迷子ヒモだと、転倒した場合に背中や頭を打つ可能性があって危ないのですが、これがリュックになっていると、リュックの部分がクッションになって転倒時の衝撃も和らげてくれるという効果付き。
多少おしりは打つかもしれませんが、その辺はやむを得ずということで。
車にひかれるよりははるかにマシです。

リュックには何を入れる?

子どもがよろこぶおやつや、おもちゃなら、喜んで背負ってくれます。
なんでも自分でやりたいタイプの子には、オムツやおしりふきを持たせても良いと思います。

ママの荷物も少し減って、一石二鳥ですね。

どんな子にオススメ?

  • 1~3歳程度の、「何かに夢中になると周りが見えないタイプ」の元気な子。
  • ママと手をつなぐのを嫌がる子。
  • 駐車場を歩くことが増える、車移動の多いファミリー。
  • 下に弟や妹がいて、ママの目が離れるタイミングがある子。
  • その他、いざというときの命綱としてどんな子でも保険としてつけておくと安心です。

迷子ヒモつきリュックの選び方とオススメ7選

迷子ひもの部分が取り外しが出来るようになっていると、普通のリュックとしても使えてオススメ。
また、胸の前にバックルがついていることも重要です。
いざヒモを引いたときにリュックだけすっぽり抜けてしまうなんてことになると、かなり残念なことになりますので…。
あとは、子どもが背負いたくなる可愛いデザインも重要ポイントですね。

オススメの迷子ヒモつきリュックをご紹介しますので、参考にしてみてください。

あっちこっち迷子防止リュック/お天気しましま


鮮やかな色使いでおでかけが楽しくなる迷子ヒモつきリュック。
もちろん、胸元バックルつきで、ヒモの取り外しもokです。

男の子にも、女の子にも。

 「あっちこっち迷子防止リュック/お天気しましま」の購入はこちら

あっちこっち迷子防止リュック/とことこくまくん


くまくんのおつかいストーリーをモチーフにした、可愛い迷子ヒモリュック。
男の子にも、女の子にも。

くまくんはお母さんにはじめてお使いを頼まれました。 森の奥のはちみつ屋さんに、美味しいクリームハチミツを買いに出かけます。 クリームハチミツ大好きだけど、くまくんは帰り道が分からなくなるのがとっても心配。 そこで、おやつにたくさん持ってきたフルーツを1つ、また一つと目印に置いて行くことにしました。 途中に親切なリスさんなどのともだちに出会います。 さてさて、くまくんは初めてのお使いを終えて無事にお家に帰れるかしら?

 「あっちこっち迷子防止リュック/とことこくまくん」の購入はこちら

あっちこっち迷子防止リュック/アニマルリーフ/ピンク


女の子にオススメの、可愛いピンクの迷子ヒモリュック。
いろいろな動物たちのポップなデザインで、お出かけが楽しくなります。

 「あっちこっち迷子防止リュック/アニマルリーフ/ピンク」の購入はこちら

あっちこっち迷子防止リュック/アニマルリーフ/ブルー


上記の色違い、ブルーバージョンは男の子にオススメ。
「この動物さんは何?」なんて会話も弾みそうなデザインです。

 「あっちこっち迷子防止リュック/アニマルリーフ/ブルー」の購入はこちら

くまベビーリュック 迷子ハーネス付き


くまさんがとっても可愛い迷子ひもリュック。
くまさんは取り外しokなので抱っこしたり背中につけたり、その日の気分でいつでも一緒。

可愛いだけでなく、リュックは500mlのペットボトルが2本も入る実用的なつくりです。

「くまベビーリュック 迷子ハーネス付き」の購入はこちら

ダディッコ ハーネスリュック


VERYにも掲載された、甘すぎないデザインがお好きなママ&パパ向けのおしゃれな迷子ヒモリュック。
肩ひもが柔らかいので急に引っ張っても食い込みにくく、小さい赤ちゃんの肩も痛くなりません。

 「ダディッコ ハーネスリュック」の購入はこちら

マカロンギンガム ベビーリュック


ウサギ/くま/くろねこの可愛いリュックに迷子ヒモがついたタイプ。
内ポケットやお名前タグもついた、リュック単体としてもしっかりした作りなので、迷子ヒモを外した後も活躍してくれそうです。

 「マカロンギンガム ベビーリュック」の購入はこちら

2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児グッズ
-,

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.