オススメ育児グッズ

赤ちゃんの沐浴に使う石けんを選ぶ、5つのポイント

更新日:

赤ちゃんの初めての沐浴。
どんな石けんを使えばいいのか、悩んでしまいますよね。

赤ちゃんの首が据わるまでは、「泡で出てくる石けん」がおすすめ。
赤ちゃんは、ものすごく新陳代謝が活発なため、結構肌が汚れています。
石けんのしっかりした洗浄作用できれいにして、肌トラブルを防いであげましょう。
とはいっても、赤ちゃんの柔らかい肌。お肌に優しくしっかり洗える石けんを選びたいですね。

管理人おすすめのベビーソープについてはこちらの記事でご紹介しています。
→敏感肌・乾燥肌の赤ちゃんの沐浴にオススメのベビーソープ

赤ちゃんの肌を洗うのは石けんで

赤ちゃんの沐浴用せっけん
産院で何度も言われたのが、「沐浴剤ではなくて、ちゃんと石けんで洗ってください」ということ。

確かに沐浴剤は肌にも優しいし、ママやパパも赤ちゃんの身体に流すだけでいいので楽ちん。
でも、それでは赤ちゃんの汚れはちゃんと落ちません。
汚れが残っていると、赤ちゃんの肌はとても敏感なので、すぐに赤くなったり、ぷつぷつができてしまいます。

赤ちゃんを洗う一番の基本は「しっかり汚れを落とすこと」です。石けんを選ぶときには、つねにこれを頭に入れておきましょう。

首が据わるまでは「泡で出てくる石けん」が使いやすい

赤ちゃんの首が据わるまでの沐浴には、「泡で出てくる石けん」がダントツに使いやすいです。
なにしろ、くにゃくにゃした赤ちゃんを片手で支えながら、石けんを泡立てないといけないので、固形石けんだとかなりテクニックが必要。

泡で出てくる石けんなら、そのまま泡を赤ちゃんにのせてあげればいいだけなので、手が滑って赤ちゃんにけがをさせる不安もなくて安心です。

以下は、三人を沐浴~首が据わるまで入浴させてきて気づいた、石けんを選ぶポイントです。

泡立ちがいいこと

泡がしっかりたたない状態で赤ちゃんを洗おうとすると、ママやパパの手と赤ちゃんの肌との摩擦で、赤ちゃんの肌に負担をかけてしまいます。

たっぷりすぎるくらい、ふわふわの泡で包み込むように洗ってあげるのがおすすめ。

目にしみにくいこと

どんなに気をつけていても、やっぱり顔を洗うときなどに目に入ってしまうことがあります。

ママやパパが完璧に気をつけていても、油断した隙に、手に泡がついた状態で赤ちゃんが自分のおめめをこすってしまうことも。

そんなときに目にしみてしまうと、お風呂自体が嫌いになってしまう可能性があります。
なるべく目に染みないタイプの赤ちゃん用石けんがおすすめ。

泡切れが良いこと

肌に優しい成分だとしても、泡を赤ちゃんの肌に残すのは避けたいところ。
さっと流しても、すぐに泡が落ちてくれると、赤ちゃんにもストレスをかけることがないですし、石けん残りも防ぐことができます。

長時間お湯をかけているだけで柔らかい赤ちゃんの肌には負担をかけてしまい、乾燥肌の原因になります。

ママやパパでも使えること

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになると、ママやパパも身体を洗わなくてはいけません。

ママやパパも同じ石けんで自分を洗うことができると、身体を洗っているときに赤ちゃんが泣いても、自分の身体についている石けんが赤ちゃんについてしまっても安心なので、すぐに抱き上げられるし、一つの石けんで色々済むので、ばたばたする赤ちゃんとの入浴の時にはとにかく便利。

私はたいてい赤ちゃんの石けんで自分の顔を洗ってしまっていますが、案外大人用の洗顔フォームを使うよりもお肌の調子がいい気がします。

無添加+α

赤ちゃんに使うものなので、基本的に無添加のものを選びましょう。
赤ちゃんの肌はとても弱くて敏感なので、添加物で湿疹が発生したり、かゆくなってしまったりする可能性があります。

肌が強めな子、べたつきやすい子の場合は「純石けん」がオススメです。
肌が強かった長男には「ミヨシ 無添加泡で出てくるベビーせっけん250ml」を使っていました。
(大きめのドラッグストアや、赤ちゃん用品店にいけば売っていると思います)
こちらは、完全に石けんを液体にして泡で出てくるようにしたシンプルなもので、値段もお安くてとても使いやすいベビーソープです。
かなり洗浄力があるので、洗い上がりが「キュッキュッ」と音を立てそうなくらいすっきり落ちます。

逆に肌が弱い子、敏感肌の子には純石けんは保湿する効果がゼロなのでとにかくカサカサします。
普通肌の子であれば、お風呂上がりに保湿すれば間に合うのですが、敏感肌の子の場合、お風呂上がりから保湿剤を塗るまでの間にかゆくなってかきむしってしまうことも。

肌が弱い子の場合は、保湿成分の配合された肌に優しいタイプの石けんを使ってください。

うちの次男は、上記の純石けんで洗ったところカサカサになってしまい、かきむしって血を出してしまいました……。
毎年冬は皮膚科に通ってステロイドを出してもらっているので、こういう子の場合は敏感肌の赤ちゃん専用につくられた、保湿効果があって洗浄成分も優しいものがオススメです。
我が家の次男には、「無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》」を使用しています。
(この石けんに変えてから、ステロイドの使用頻度がかなり減りました。肌がカサカサしやすくて悩んでいる子は、改善するかもしれません)。

ママやパパが安心して赤ちゃんを洗ってあげられる石けんなら、お風呂も楽しく過ごせますよね。

毎日使うものだから、納得できるものを

お風呂は毎日のこと。
さらに、赤ちゃんはちょっとしたきっかけでお風呂嫌いになってしまうことがあります。

だから、ママやパパも、赤ちゃんも、なるべくストレスがないように、快適につかえる石けんを選んでください。

管理人おすすめのベビーソープについてはこちらの記事でご紹介しています。
→敏感肌・乾燥肌の赤ちゃんの沐浴にオススメのベビーソープ

まとめ

・赤ちゃんの沐浴には、沐浴剤ではなくて石けんを
・首が据わるまでは泡で出てくる石けんが便利
・泡立ちが良い、目に染みない、泡切れがいい、ママやパパも使えるものがおすすめ
・必要な洗浄力と、お肌への優しさを考え合わせて赤ちゃんにピッタリの石けんを選びましょう。



2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児グッズ
-,

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.