オススメ育児グッズ

ママも大満足、味を選べるこだわりのノンカフェインコーヒー

更新日:

コーヒー大好き!というママ、多いのではないでしょうか。
私も妊娠前は、毎日のように飲んでいました。

でも、妊娠中や授乳中のママにとって、カフェインはできれば摂取しない方がいいといわれているもの。
お酒だめ、生ものダメ、コーヒーもダメなんて、ストレスMAXですよね。

せめて、おいしいカフェインレスコーヒーを飲みましょう!

妊婦&授乳中にコーヒーがNGなのはカフェインのせい

そもそもなんで妊婦や授乳中のママがコーヒーを飲んではいけないのかというと、コーヒーに含まれる「カフェイン」が、胎盤を通過して胎児に移行したり、母乳の中に出てきてしまったりするためです。

赤ちゃんはカフェインを分解する力が弱いので、体にたまりやすくなってしまいます。

カフェインには、興奮作用があるので、赤ちゃんが落ち着かなくなったり、眠れなくなったり、大量に摂取すると成長にも影響が出てきてしまいます。

そう言われると、やっぱり飲むのは気が引けるのですが、飲みたいものは飲みたい!
飲みたいものを我慢してストレスをためるのも、赤ちゃんに悪影響ですよね。

カフェインがなければOK

カフェインが原因なら、カフェインの入っていないコーヒーならOKということです。
昔は、カフェインレスのコーヒーと言えば、香りまでなくなっていて「まず……」ということが多かったのですが、最近はだいぶ技術が進歩していて、おいしくなっています。

コーヒーショップでも「デカフェ」やら「カフェインレス」やらのコーヒーが出回ってくるようになりました。
確かに、コーヒーショップのデカフェコーヒーはおいしいのですが、そう毎日飲みに行くわけにもいきません。

本格派カフェインレスがおうちで飲める

おいしいカフェインレスコーヒーないかなぁ、と探していて見つけたのがこれ。

コトハ:コーヒー公式ONLINE SHOP カフェインレスコーヒーとオーガニックコーヒー専門店

カフェインレスコーヒーの専門店というのがまずびっくり。
ママのためにと、味や香りにもこだわって作られています。

もちろん、安心の薬品不使用。
(海外製のカフェインレスコーヒーには、薬品を使用してカフェインをとりのぞいているものが沢山ありますので、ご注意ください)

カフェインレスなのに味の濃さが選べる

沢山種類のあるコーヒーショップにいっても、ノンカフェインというと一種類しかないのが普通。
濃いめ好き、アメリカン好きと、ママにもいろいろ好みがあるし、気分でも飲み分けたいのにこれも不満でした。

【コトハ:コーヒー】は、9gと10gの2タイプから選べます。

選べるだけで、なんだかテンションが上がりますよね。

まとめ

・カフェインは胎児や母乳に移行してしまうので、なるべくとらない方がいいです。
・でもまったくコーヒーが飲めないのはストレスがたまって、かえって悪影響。
・ノンカフェインのコーヒーが最近はおいしいのでおすすめ。
・おうちでこだわりのノンカフェインコーヒーを。



2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児グッズ

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.