オススメ育児グッズ

赤ちゃんの食事には専用の椅子を!スタイリッシュなカトージのベビーチェア

投稿日:

赤ちゃんの離乳食が始まると、必要になるのがお食事用の椅子。
正しい姿勢で食事をとるのは、赤ちゃんの正しい食習慣のためにとても大切なことです。

ベビーチェアには色んな種類がありますが、今回は子どもから大人まで長く使えて、インテリアとしても素敵な椅子をご紹介します。

ベビーチェア

赤ちゃんがお食事の時に使う椅子として最もメジャーなのはハイチェアというタイプ。
高さが調節できたり、テーブルがつけたり外したりできて、掃除も簡単になっているものが多いです。

……が、一般的なハイチェアはどうしてもかさばるし、いかにも「子どものイス」という感じで、インテリアにこだわるママとしては、ちょっとなぁ……と思いませんか?

やっぱりある程度の年齢になったら処分……という感じですよね。
(実際、リサイクルショップに行くとゴロゴロしています……)

これってちょっと、もったいない気がします。

大人でも使えるオシャレなデザインのイス「bome(ボメ)」

「上質なものを長く使いたい」というママにオススメしたいのが、「ベビーチェア|bome(ボメ)」。
自分が子どもの頃に使っていた椅子が大人になっても、何らかの形で残っているのって、なんだか素敵じゃないですか?
「bome(ボメ)」は、赤ちゃんが大人になるまで、大切に使い続けられるベビーチェアです。

ベビーチェア

ぱっと見、ベビーチェアには見えないデザイン。
足が少しハの字に開いているので、安定感もバッチリです。
赤ちゃんって、どうしてもイスから立ち上がったり、背もたれの方に体重をかけたりと、危ないことをしがち。
安定感は絶対に大切ですよね。

足のせもついているので、しっかり足をつけた状態で食事が出来ます
足を地面につけて食べるのは、姿勢を良くしてしっかり噛んで食べる上で、とても大切なこと。
ベビーチェア購入の際には、気をつけたいポイントです。

ベビーチェアベルト部分
赤ちゃんが小さい頃には必須の股ベルト。
股ベルトがないと、赤ちゃんがのけぞったときに、そのまま下に落下してしまう危険があります。
また抜け出すのも簡単になってしまうので、かならずベルトをしておくようにしましょう
安心のYKK製。バックル式で簡単につけ外しが可能です。

ベビーチェアテーブル
一見「なんだろう?」と思う、テーブルの上の小さな出っ張り。
実は、ベビーチェアにはとても重要なものです。
このでっぱりがあると、赤ちゃんがお皿を床に落とす回数が激減します

一般的なベビーチェアの「ちょっと真ん中がくぼんでいる」くらいだと、赤ちゃんがお皿を滑らせれば、一瞬で床へ落下してしまいます。
ボメの出っ張りは、小さいながらもしっかりと壁になっているので、赤ちゃんの力ではそう簡単にお皿が滑り落ちることがありません。
もちろん、そのまま力を込めればひっくり返りますが、この一瞬をせき止めてくれるだけで、ママがお皿をキャッチすることが可能になるのです。

ボメを使い始めてから、一番「あって良かった!」と思う機能です。

ベビーチェアクッション
しっかりとした厚みのあるクッションは、とりはずしok。
ご覧の通り、手洗いでお洗濯okなので、食べこぼしも安心です。

ベビーチェア
背もたれ部分は、一枚の板を曲げて作られていて、クッションのヒモを通して結ぶと、それも可愛いデザインに見えます。




テーブルを外してキッズチェアに。
座面を低くすれば、大人も座れる椅子になりますので、なが~く使用可能。




大人が座っても、この通りの安定感。
80Kgまで大丈夫です。

もの自体がしっかりした作りなので、長期間にわたる使用でもびくともしません。

赤ちゃんのものって、どうしても一時期しか使えないものが多くなってしまいがち。
一生ものになる椅子をプレゼントしてあげるのも、素敵ですよね。

「ベビーチェアbome(ボメ)」の詳細・購入はこちらから

2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児グッズ
-,

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.