オススメ育児グッズ

ミルクでむせることが減る?赤ちゃんの姿勢を考えた哺乳瓶

投稿日:

ミルクを飲ませていたらケホケホとむせて苦しそうにしたり、せっかく飲んだミルクをゲポっとはき出してしまったり……そんなお悩み、ありませんか?

うちの子、毎回むせるのよね……なんてお悩みを抱えているママ、ほ乳瓶をちょっと変えてあげるだけで、赤ちゃんもママ&パパもぐんと楽になるかもしれません。

赤ちゃんがミルクを飲む姿勢が大事

赤ちゃんがミルクでむせたり、吐き戻したり、繰り返す中耳炎の原因にもなるのが、ミルクを飲むときの姿勢です。

簡単な実験をしてみます

簡単なので、一度試してみてください。
1.お水をコップから一口分口の中へ(まだ飲み込まない)
2.天井を仰ぐか、仰向けに寝転がる
3.お水を飲み込む

どうでしょう?
ものすごく飲み込みにくいと感じませんでしたか?
油断すると気管に入ってしまいそうではありませんか?

……でも、この姿勢、どこかで見たことがありますよね?
そう、ほ乳瓶でミルクを飲む赤ちゃんの姿勢です。

大切なのは、身体を起こした状態で飲むこと

次に、普段通り身体を起こした状態で、お水を飲んでみてください。
スムーズに飲めますよね?

赤ちゃんのミルクを飲む姿勢

赤ちゃんも一緒で、ある程度上体を起こした姿勢で飲むと、飲みやすくなります。

頭位性中耳炎の原因

また、赤ちゃんは鼻と耳が近いため、仰向けでミルクを飲むと耳へながれこんで「頭位性中耳炎」になりやすいと言われています。
身体を起こして飲むことで、すんなりと食道を下っていけるため、中耳炎も防ぐことも出来るのです。

目標にするのは、母乳を飲むときの姿勢。
新生児期以外は、ある程度身体を斜めに起こした状態で飲みますよね。

一般的なほ乳瓶は身体を起こして飲むようには作られていない

ほ乳瓶
普通のほ乳瓶は、身体を斜めにした状態だと上手に飲めません。
特に最後の方は、完全に仰向けにしないと最後まで飲ませることができませんよね。

赤ちゃんの姿勢を考えられて作られたほ乳瓶

Bettaほ乳瓶
グッドデザイン賞や、キッズデザイン賞を受賞している「Bettaの哺乳瓶」は、不思議なカーブが特徴。

デザイン性もスタイリッシュなのですが、このカーブの本当の目的は赤ちゃんがミルクを飲むのを楽にすること

fig_fruition

哺乳瓶にカーブがついていることで、赤ちゃんが身体を起こしていてもスムーズにくわえることができます。

哺乳瓶の中の泡

また、このカーブに沿って泡は上の方へ上がっていきますので、赤ちゃんが飲む部分に泡が入ってきません。
つまり、赤ちゃんが泡を飲む確率が減るので「空気を飲み込まない=ゲップが少なくて済み、吐き戻すことも減る」というメリットもあります。

Bettaの哺乳瓶

Bettaの哺乳瓶は、ガラス製・プラスチック製(PPSU、トライタン、ポリプロピレンの3種)と、様々な種類が用意されています。

やはり哺乳瓶といえばガラス製が安心なのですが、お出かけのときなどは軽いプラスチック製のほうが便利。
すでに哺乳瓶を購入してしまっている方も「お出かけの時は落ち着いて授乳できないから、飲ませやすいBetta製を…」という選び方も出来ます。

乳首も母乳を飲むのに近い「ブレイン乳首」と、飲む力が弱い子でも大丈夫な「スタンダード乳首」の二種類があって、赤ちゃんの様子によって選ぶことが出来ます。

赤ちゃんの飲みやすい哺乳瓶を使って、ママもパパも、赤ちゃんも楽しいミルクタイムを過ごしてくださいね。

「ドクターベッタの哺乳瓶」の詳細・購入はこちらから



2017年版買ってよかった育児グッズベスト10

最新のジャンル別オススメ育児グッズ10選。

実際に使ってよかった育児グッズをジャンル別にピックアップしていますので、お買い物に迷ったらこちらをどうぞ。
失敗しない出産準備にも、ぜひ参考にしてくださいね。

-オススメ育児グッズ
-, , ,

Copyright© コレママ , 2017 All Rights Reserved.